So-net無料ブログ作成
みんなの家庭の医学 ブログトップ

みんなの家庭の医学 心臓周囲脂肪 新型脂肪 なりやすい体質 減らし方 [みんなの家庭の医学]

1月7日たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学
今年こそ治したい
しつこい不調を解消するSP
が放送されました。

脂肪について放送内容を
まとめてみました。


心筋梗塞を起こす可能性もある
脂肪。
若くてもメタボでなくても
心筋梗塞を起こす可能性がある
新型脂肪というのがあり、
それは心臓についているという。

●新型脂肪は…

新型脂肪はを吐き出し
血管を破壊する。
心臓周囲脂肪が厚さ6ミリ以上になると悪玉ホルモンが
悪く作用し始めるので要注意。

●どんな人が蓄積しやすいのか

この新型脂肪は、
昔は痩せ型or普通体型の人が太る
心臓につきやすいんだそうです。

もともと痩せていた人は脂肪細胞の数が少なく、
脂肪を貯めきれなくなり最後に心臓周りについてしまうんだそうです。

●心臓周囲脂肪(新型脂肪)を効果的に減らす方法は?

1これ以上心臓に脂肪をつけないようにするためには
A.野菜から食べる
野菜から食べることで、
血糖値を抑え脂肪の吸収が
緩やかになる。

また満腹中枢も刺激され、
食べる量が抑えられる。


2ついた脂肪を燃焼させるには?
A.ちょい足し歩きをする。 少し遠くのスーパーに行くなど
少し遠くに外出して歩数を稼ぎます。
女性の目標6400歩を目指す。

デザートは食べましたが、
20日間続けることで、
187gあった心臓周囲脂肪は
177gになりました。

野菜から食べるのはやはり大事ですね!
ダイエットの鉄則でもありますよね。



繊維質をとるために大麦若葉愛飲してます


nice!(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
みんなの家庭の医学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。