So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ためしてガッテン 二重あご トレーニング [ためしてガッテン]

スポンサーリンク




6月26日放送のためしてガッテンは

肺炎などにもつながる二重あご&ボタンでした。


ためしてガッテン公式ページはこちら


危険のある二重あごの内容をまとめてみました。

☆睡眠時無呼吸症候群と二重あご
人間は舌が太ることもあるそうで、
下あごにおさまりきらないと二重あごになってしまうそう。

そして寝たときに舌が塞いでしまい、
大きないびきをかきながらも、
呼吸できない瞬間がある
無呼吸症候群になる場合があるそうです


※チェック方法 正面を向き、
あごの先とのど仏にものさしをあて、
指が入るかどうか。


☆危険な二重あご

のど仏の指の幅一本文上のところに
Uのような形の骨「舌骨」というものがあり、
この骨は筋肉で支えられている。

・舌骨の役目は?

食べ物を飲み込むときに舌骨が上昇し
物をうまく飲み込めるようにしている。


・しかし加齢などで舌骨の位置が下がってくると・・・・

飲み込みがうまくいかなくなり、
誤えん性肺炎になったりする。

二重あごの形としては
とかげ型のようなタイプに
あてはまったりするようです。


※舌骨の低下をチェックする方法
*持病のある方は無理しないでください。

1、人差し指をのど仏に漢字の一の字のようにあてて、
つばを飲み込みます。
その時指にのど仏が
ころんと乗り越えるのを感じればOK。


2、1でやった状態で30秒間つばを飲み込み、
何回飲み込めるか。
2回以下だと飲み込み障害の危険があるかもしれません。



☆舌骨が低下しないようにトレーニングしましょう
・口開け体操
口を大きく開けて10秒間キープ×5回
これを一日2回しましょう。


あごやあごの関節に痛みがあるかたは
医師の指示に従ってください

・頭上げ体操
仰向けに寝転がり、
頭を上げつま先を見つめ10秒キープして
10秒休む。これを3回続けて行う。
1日で3セット行う。


舌骨という存在を始めて知りました。
飲み込みに大事な役割を担ってるんですね。
頭上げ体操は腹筋にも効くストレッチにありますよね。
健康維持にもよさそうですね!
ストレッチは体調にあわせて、
持病のある方は医師と相談してからにしましょうね







スポンサーリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。